受付時間
9:0012:00/16:0019:00
※土曜日は9:00-13:00まで
休 診
水曜・土曜午後・日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

首の痛みの原因と治療方法について

症例漫画

首の痛みをきたす疾患

首の痛みをきたす疾患

①頚椎症
 頚椎(首を支える骨)が変形することで首の動きが悪くなったり、首を動かす際に痛みが走ったりする症状がでます

②頚椎症性神経根症
 頚椎症が原因となって神経に刺激が加わり、腕や手に放散する痛みやしびれを生じます

③頚肩腕症候群
いわゆる”肩こり”にあたるものです。首から肩にかけての筋肉が緊張をおこすことで痛みを生じます。
筋肉の緊張が強くなると、頭痛の原因となることがあります(筋緊張性頭痛)

④頚部筋挫傷
寝ている間のちょっとした首の位置不良や振り向いた際、転んで頭を打った際、車の事故などで首を支えている筋肉をいためることで痛みを生じます。
いわゆる軽い肉離れのような状態となっており、痛みが長引くこともあります。

治療法について

薬物療法:症状が軽いときには炎症をとる湿布を処方します。痛みが強い場合は消炎鎮痛剤など、痛みを軽減するための内服を処方します。
しびれがある場合にはしびれを軽減させる内服薬を処方します
物理療法:
①牽引療法:首を軽く牽引して筋肉の緊張を軽減したり、関節の痛みを軽減したりします
②干渉波治療:電気刺激によるマッサージ効果を期待するものです
③温熱治療:ホットパックなどで温めることにより血流をよくして痛みを緩和します
④星状神経節神経ブロック:星状神経節にレーザーを当てることで副交感神経の働きを強め、血流を改善したり筋肉の緊張を緩和したりすることで痛みを軽減します
局所安静:痛みがかなり強く、生活に困難を生じる場合にはスポンジ状の固定具(カラー)を処方することがあります。

理学療法:
徒手による筋緊張の緩和や生活の見直し、自分で行うストレッチなどの指導をします。

©医療法人幸鷺会

文責森 敦幸

(整形外科専門医・日本スポーツ協会公認ドクター)

ページトップ