診療時間
9:0012:00/16:0019:00
休 診
水曜午後・土曜午後/日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

診療案内

膝が痛い

症例漫画

膝の痛みの原因となる疾患

変形性膝関節症
半月板損傷
周辺靭帯・滑膜の炎症
特発性大腿骨内顆骨壊死症

変形性膝関節症

変形性膝関節症

1.症状

膝の軟骨がすり減ることで症状がでます。
変形性膝関節症は初期には立ち上がりや歩き始めなど動き始めのときに違和感を感じます。
症状が進んでいくと、正座やあぐら、階段昇降など膝の負担が大きい動作で痛みを感じるようになります。
さらに症状がすすむと歩行時に痛みが生じたり、激しい炎症を伴う場合には安静時に痛みを感じることもあります。

2.原因

加齢(長年膝に負担をかけている状態)や、半月板損傷や靭帯断裂、骨折などの後に軟骨がすり減ることで症状が発生します。
よく「軟骨がすり減るので痛みがでる」といわれますが、実は軟骨そのものには痛みを感じる神経は存在せず、すり減っただけでは痛みはでません。

軟骨がすり減ることで関節の支えが不安定になって周辺の滑膜や靭帯が炎症を起こしたり、軟骨を支えている骨(軟骨下骨)に細かい損傷が起きたりすることで痛みを生じます。

また痛みが長く続くと関節が硬くなり、動きが悪くなります。
硬くなると膝を延ばすと痛い(夜伸ばして寝ると痛い)正座ができないなどの症状がでます。

3.治療

炎症が主症状の場合には
消炎鎮痛剤の内服や湿布剤を使用したり、ヒアルロン酸製剤の関節内注射をしたりします。

ヒアルロン酸製剤は軟骨の保護作用や炎症を抑える作用があると考えられています。

不安定な状態が原因の場合は
関節を安定する筋力トレーニングをしたり、支柱付きのサポーターや足底板という膝への負担をへらすような装具を使用したりすることで痛みが軽減する場合があります。

関節が硬くなってしまっている場合は硬くなったところをほぐして動きをよくするようなリハビリをします

どうしても痛みが取れない場合は骨切り術や人工関節置換術などをお勧めすることがあります。
当院では岐阜大学病院、岐阜市民病院などへご紹介いたします。

半月板損傷

半月板損傷

1.症状

運動や加齢による変化などで半月板という膝を支えている軟骨に傷がつくことで症状がでます。
初期には運動時や運動後の痛みを生じ、半月板が大きく損傷をうけると傷んだ半月板が挟まりこんで突然引っかかったり、膝が伸ばせなくなったり(ロッキング)する症状がでることがあります。

2.原因

加齢によって長年負担がかかる自然経過で損傷がおこることがあります。この場合、多くは変性断裂といってすりへるような損傷を受けることが多いです。
また膝に負担がかかるようなスポーツや仕事によって損傷がおこることがあります。急激に痛みが発症する場合もありますが、若いころから運動をしている場合には気づかないうちに損傷を起こしている場合も少なくありません。

3.治療

半月板損傷があるからといってすべてが症状がでるわけではありません。痛みがなければ特に心配はありません。
痛みがある場合には運動後の局所冷却やストレッチが有効です。また筋力トレーニングをすることで半月板にかかる負担を減らすのも有効です。
強い痛みが持続する場合や、ひっかかるような症状が続く場合には手術が必要となることがあります。
関節鏡という細い管状のカメラを関節内に挿入し、原因となっている半月板を部分的に切除したり、縫合したりすることが可能です。
手術が必要と判断された場合は岐阜大学病院、岐阜市民病院などの病院へ紹介します。

周辺靭帯・滑膜の炎症

1.症状

多くは膝関節自体より周辺の痛みを感じます。特にたくさん動いた後などに痛みを感じることが多いです。
滑膜で強い炎症が起こると膝の中に水がたまったりして突っ張った感じがでることがあります。

2.原因

膝の軟骨がすり減ることで安定が悪くなって周辺の組織で炎症を起こしたり、単に運動をしすぎたりすることで炎症をおこしたりすることがあります。
「運動は健康によい」と妄信して膝に負担をかけすぎた結果、炎症を起こし痛みをかんじるようになることもあるため、運動の強度や頻度を適切に調節する必要があります。

3.治療

不安定な状態が原因である場合は安静や筋力トレーニング、支柱付きサポーターの使用で症状が改善する場合があります。強く炎症を起こして水が溜まっている場合には水を抜きます。
周辺靭帯での炎症が強い場合には局所にステロイドという炎症を抑えるための注射が有効なことがあります。

特発性大腿骨内顆骨壊死症

特発性大腿骨内顆骨壊死症

1.症状

変形性膝関節症とよく似た症状を呈します。炎症が強く起こり、何度も関節内に水がたまったり、夜間にうずくような痛みが感じることがあります。

2.原因

以前は血行が悪くなることで骨の一部が壊死するといわれていましたが、最近では軽微な外傷が原因で起こる外傷(けが)の一種と考えられています。「ちょっとした段差をおりた瞬間に痛みを感じた」などという受傷機転があることが多いです。

3.治療

壊死した部分を戻す方法はありません。痛みに対しては変形性関節症同様痛み止めの内服や外用剤を使用したり、足底版という膝にかかる負担をへらすような装具を作成したりします。
保存的加療には比較的時間がかかりますが、うまく痛みがコントロールできれば症状は次第におさまっていきます。
強い痛みが続く場合には骨切り術や単顆型人工膝関節置換術などの手術が必要となることもあります。

ページトップ