診療時間
9:0012:00/16:0019:00
休 診
水曜午後・土曜午後/日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

診療案内

肩の痛み

症例漫画

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎

1.症状
肩を動かしたときに痛みを感じ、肩の動きが悪くなります。特に髪を整えたり、服を着替えたりするときに痛みを感じることが多いです。
症状が強くなると安静にしても痛みを感じたり、夜間痛みのために眠れなくなったりすることがあります。

2.原因
肩関節の周囲の筋肉などが炎症を起こす肩関節周囲炎。
俗に四十肩、五十肩などといわれますが、腱板という肩を動かす部分の一部に傷がついたり、カルシウムが沈着したりすることで炎症が起こるのが原因です。

病期として、急性期、亜急性期、慢性期があります。急性期には激しい痛みを感じ、動かすことが困難となることもあります。強い痛みが少しおさまってきて肩の動きがわるくなってくるのが亜急性期です。その後炎症は収まったものの、肩が硬くなってしまって思うように動かせなくなってしまったものが慢性期です。

強い炎症を起こしている場合には速やかに炎症をとる必要があります。
炎症が続くうちに筋肉や関節包が硬くなってしまい、動きが悪くなってしまうことがあります。
放置していると凍結肩といわれる非常に動きの悪い状態に陥ってしまうことがあります。

積極的に炎症や痛みをとり、肩を動かせる状態にすることが大切です。

3.治療
炎症が強い時期には消炎鎮痛剤の内服や外用剤を使用したり、炎症を起こしている付近にステロイドとい炎症を強く抑える作用の薬を注射をしたり、ヒアルロン酸製剤を注射したりします。
また肩の動きが硬くなりそうな場合にはリハビリをします。硬くなった、もしくは硬くなりかけている肩をほぐし、動きをよくするものです。
拘縮といってあまりに硬くなりすぎてしまうとリハビリは難渋します。リハビリをつづけても改善が認められない場合には関節授動術といって麻酔下に硬くなってきたところをはがすような手術が必要となることがあります。手術が必要な場合は岐阜大学病院などの病院をご紹介します。
炎症がとれ、関節が硬くなっている場合にはリハビリをします。

ページトップ