受付時間
9:0012:00/16:0019:00
※土曜日は9:00-13:00まで
休 診
水曜・土曜午後・日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

手指や腕のしびれの原因とその治療について

手指・腕のしびれをきたす疾患

整形外科的な疾患としては
1 頚椎症
2 胸郭出口症候群
3 肘部管症候群
4 手根管症候群
などがあげられます。

その他、脳卒中、糖尿病などでもしびれを生じることがあります。

1 頚椎症について

1 頚椎症について

【病態】
頸椎(けいつい:首の骨)が変形すること神経が圧迫され、手指や腕に痛み、しびれが生じます。
顔の向きによって神経が刺激を受けるとしびれが強くなることがあります。
またしびれの範囲は頸部から腕、手指にかけて広く、放散するような症状となることが多いです。

【主な治療法】
リハビリ
牽引や電気刺激などの物理療法で神経症状を緩和するリハビリをします。
内服治療
神経痛やしびれを緩和する内服薬を処方し症状の改善を図ります。
手術治療
内服薬で効果がない場合や、麻痺症状(手が動かしにくい、歩きにくい)などの症状が出現した場合には手術をお勧めることがあります。

手術が必要と判断した場合は近隣の専門医の外来を紹介いたします。

2 胸郭出口症候群について

2 胸郭出口症候群について

【症状と病態】
洗髪やつり革につかまる動作など、肩を挙げるようなをすると上肢のしびれやびりびり感を生じます。
頸から腕にむかう神経や動脈が、筋肉、骨などで絞扼される(挟まれる)ことが原因です。
なで肩の体系や筋肉質で重いものを運ぶ労働者などに多いとされています。

【主な治療法】
理学療法
神経周囲の筋肉の緊張を緩和することで症状を緩和することが期待できます。
内服治療
しびれを緩和する内服薬を使用します。
手術治療
上記の治療で効果がない場合、神経の通り道を広げる手術をお勧めすることがあります。

手術が必要と判断した場合は近隣の専門医をご紹介いたします。

3 肘部管症候群について

3 肘部管症候群について

【病態】
肘の内側で尺骨神経(しゃっこつしんけい)が慢性的に圧迫されることで、前腕の小指側や手指の薬指・小指にしびれを生じます。
加齢による肘の変形や子供の頃の骨折による肘の変形、柔道や野球などのスポーツが原因となります。

【治療法】
局所の安静
神経に負担がかかるような状態を避けるように心がけていただくことで症状が緩和する可能性があります。
内服薬の処方
しびれを改善するような内服薬などを処方することがあります。
注射療法
神経の通り道に薬剤を注射して通り道を広げ、症状を緩和する方法です。
手術療法
麻痺の症状や筋肉がやせる(筋委縮)などの重篤な症状が出現した場合は手術をお勧めすることがあります。

手術が必要と判断した場合は近隣の専門医をご紹介いたします。

4 手根管症候群について

4 手根管症候群について

【病態】
正中神経(せいちゅうしんけい:手首の真ん中を走る神経です)が手首にある手根管というトンネルで圧迫された状態で生じます。
原因は不明ですが、妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴で、女性ホルモンの乱れによる滑膜の腫れが原因のひとつと考えられています。

【治療方法】
手首の安静 シーネ(手首を固定する添え木)やサポーターで特に夜間手首が動かないように安静にします
内服治療
しびれを軽減する内服で症状が改善することがあります。
体外衝撃波
炎症を起こした神経に衝撃波を当て、神経の炎症を緩和します。
くわしくはこちら体外衝撃波治療器についてをご覧ください
注射治療
通りが悪くなった正中神経の周囲に薬剤を注射することで症状を緩和します。
手術療法
横手根靭帯(おうしゅこんじんたい)を切開して正中神経の通り道を広げる手術をします。

特に親指の付け根が痩せてきたり、ものがつまみにくいなどの麻痺症状が出現した場合には早急な手術をおすすめします。
手術が必要と判断した場合は専門医師の外来をご紹介致します。

©医療法人幸鷺会

文責森 敦幸

(整形外科専門医・日本スポーツ協会公認ドクター)

ページトップ