診療時間
9:0012:00/16:0019:00
休 診
水曜午後・土曜午後/日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

診療案内

手指、腕のしびれ

手指・腕のしびれをきたす疾患

整形外科的な疾患としては
1 頚椎症
2 胸郭出口症候群
3 肘部管症候群
4 手根管症候群
などがあげられます。

その他、脳卒中、糖尿病などでもしびれを生じることがあります。

1 頚椎症

1 頚椎症

頸椎(首の骨)が変形することで神経が圧迫され、手指や腕にしびれが生じます。顔の向きによってしびれが強くなることがあります。またしびれの範囲は頸部から腕、手指にかけて広く、放散するような症状となることが多いです。

2 胸郭出口症候群

2 胸郭出口症候群

洗髪やつり革につかまる動作などをすると上肢のしびれやびりびり感を生じます。頸から腕にむかう神経や動脈が、筋肉、骨などで絞扼する(挟まれる)ことで症状が出現します。なで肩の女性や重いものを運ぶ労働者などに多いとされています。

3 肘部管症候群

3 肘部管症候群

肘の内側で尺骨神経が慢性的に圧迫されることで、前腕の小指側や手指の薬指・小指にしびれを生じます。
加齢による肘の変形や子供の頃の骨折による肘の変形、柔道や野球などのスポーツが原因となります。

4 手根管症候群

4 手根管症候群

正中神経が手首にある手根管というトンネルで圧迫された状態で生じます。
原因は不明ですが、妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴で、女性ホルモンの乱れによる滑膜の腫れが原因のひとつと考えられています。

ページトップ