診療時間
9:0012:00/16:0019:00
休 診
水曜午後・土曜午後/日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

診療案内

スポーツ障害

症例漫画

スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツによって起こるさまざまな外傷や炎症に対しては、治療だけではなく、その根本的な原因を考慮し、改善していく必要性があります。例えば体が硬いことからフォームがくずれ、痛みが発生する場合もあります。個々の疾患や部位をみるだけではなく、全身のコンディションをチェックし、フォームの指導なども行います。

肩の障害

野球肩(リトルリーグ肩など)、肩関節脱臼、上腕二頭筋長頭炎など

投球時やスパイク時など、肩を動かしたときを感じます。原因は成長軟骨の障害や筋腱の炎症などさまざまです。

肘の障害

野球肘(肘内側障害、離断性骨軟骨炎など)、テニス肘、ゴルフ肘など

投球時の痛みや、ものを持ち上げたり手首を返したりするときに痛みを感じます。成長軟骨の障害や筋腱の炎症、靭帯損傷などが原因となります。

膝の障害

オスグッドシュラッター病、鵞足炎、大腿四頭筋腱炎、半月板損傷、靭帯損傷など

主にオーバーユース(使いすぎ)による筋腱の炎症や成長軟骨の障害が原因で起こります。また急激な負担により半月板損傷がおこることもあり、症状が強くなると引っかかるような症状や急激な痛みを感じたりします。

足関節の障害

足関節捻挫、腱鞘炎、後脛骨筋腱炎など

とくに足関節捻挫では靭帯損傷を伴っている場合が多く、適切な処置をしないと不安定な状態がのこってしまうことがあります。

腰の障害

筋筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症など

痛みを生じる原因はさまざまです。腰が痛いを参照ください。

下腿の障害

シンスプリント、アキレス腱炎、アキレス腱断裂など

主にオーバーユース(使いすぎ)で起こる炎症が多いです。オーバーユースの場合、ストレッチや局所の安静、アイシングなどが重要です。

指の障害

突き指、骨折など

単なる突き指だと思っていても剥離骨折を伴っていたりする場合があります。痛みが強い時には固定し、速やかな回復を促します。

足の障害

外反偏平足、外脛骨障害、足底筋膜炎、踵骨骨端炎、種子骨障害など

足の形(アーチ構造)が崩れたり、オーバーユースなどで起こります。ストレッチや局所の安静、アイシングなどのほかにインソールの作成が有効な場合があります。インソール作成を参照ください。

ページトップ