受付時間
9:0012:00/16:0019:00
※土曜日は9:00-13:00まで
休 診
水曜・土曜午後・日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

爪の喰い込みや痛みが強い場合の
アクリルガター法の詳細についてアクリルガター法についてのイラスト

初めに指を消毒して麻酔をします

初めに指を消毒して麻酔をします

準備として、足の指をしっかり消毒し、
指の付け根と爪の周りに細い針をつかって麻酔の注射をします。
5~10分ほど経過し、しっかり麻酔がかかっていることを確認して処置を開始します。

アクリルチューブを入れる準備をします

アクリルチューブを入れる準備をします

アクリルチューブを挿入できるようにするため、爪の下を金属を使用してはがします。
麻酔がきいているため痛みは感じません(少し触っている感じは残ります)。
肉芽は切り取ってフェノールなどの薬品を使って処理します。

アクリルチューブを切り
  爪と肉芽の間に挿入します。

アクリルチューブを切り<br>  爪と肉芽の間に挿入します。

アクリルのチューブを切り、
これを爪と肉芽の間に挿入します。
アクリルにより爪が食い込む力を分散し肉芽を押さえつけて大きくなるのを抑制することができます。

最後の処置 アクリルチューブを
  コーティングで固定します

最後の処置 アクリルチューブを<br>  コーティングで固定します

挿入したアクリルチューブをコーティング剤を使用して爪に固定します。
かなり強固に固定されますが、あまり動き回ると外れてしまうことがあります。
当日はシャワー浴、翌日からは入浴も可能です。
感染(ばい菌がはいって化膿すること)を防ぐため、数日は抗生剤(化膿止め)を内服していただきます。
万一痛みがでた時のため痛み止めの内服も処方します。

アクリルガター法の
  良いところ、起こりうる合併症は?

アクリルガター法の良いところ
処置直後から爪が食い込むことによる痛みを軽減します。
処置した日からに日常生活に支障なく過ごせます。 比較的簡便で爪を切ることなく行うことができます。

アクリルガター法で起こりうる合併症は
早期にチューブが外れてしまうことがあります。 麻酔なしでは痛みが強い方法です。 感染(ばい菌がついて化膿すること)している場合には行えません

当院は岐阜市西改田にあるクリニックです。
  お気軽にご相談ください。

受診の際はこちら
【当院のご予約、受診方法について】をご覧ください

当院の動画チャンネルはこちら
バーチャル院長活躍中!【もりっくチャンネル】をご覧ください

診療にかかる費用についての目安
  • アクリルガター法については自費の診療となります。
  • 初診料 2500円(再診料 1000円)
       +
     施術料 1趾について5500円(麻酔などの処置料、痛み止めの内服薬を含みます) 【すべて税込み】
  • チューブの入れ替え 再診料 1000円 
       +
     手技料 1趾について1500円
  • 【コーティングのやりなおし】再診料 1000円
       +
     手技料 1000円

©医療法人幸鷺会

文責森 敦幸

(整形外科専門医・日本スポーツ協会公認ドクター)

関連カテゴリ

ページトップ