診療時間
9:0012:00/16:0019:00
休 診
水曜午後・土曜午後/日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

診療案内

腰が痛い

症例漫画

腰の痛みをきたす疾患

変形性腰椎症
腰椎圧迫骨折
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
筋筋膜性腰痛症
腰椎椎間関節障害
腰椎すべり症
腰椎分離症

腰の痛みの原因としては次のものがあげられます

腰の痛みの原因としては次のものがあげられます

①筋肉や靭帯の痛み
②椎間関節の痛み
③椎間板の痛み
④神経
⑤骨
⑥その他

痛みのでる動作からある程度原因を見分けることができます

痛みのでる動作からある程度原因を見分けることができます

動作とその原因部位

腰に力を入れたりひねったりすることで痛みが出る場合:筋肉や靱帯の痛み
腰をそらすと痛みが走る場合:椎間関節の痛み
腰を前に曲げたり、姿勢を戻したりするときに痛みが出る場合:椎間板の痛み
腰の痛みだけでなく、脚のほうへ痛みなしびれが走る場合:神経の刺激による痛み
起きている状態では大丈夫だが寝起きのときに強烈な痛みがある場合:骨折などによる骨の痛み

原因が分からないもの:疼痛の原因が判別できず、慢性的な痛み刺激による場合や、心因性の原因によるものなどがあります。

治療法について

炎症が主原因の場合は消炎鎮痛剤の内服や湿布を使います。
関節や骨など動く痛みが強い場合にはコルセットなどで固定します
神経痛症状が強い場合には神経障害性疼痛を軽減する内服を試用します。

痛みが非常に強く動くのが困難な場合や、とにかく早く痛みをとりたい場合には超音波ガイド下に椎間関節ブロック(椎間関節が原因となっている場合)や仙骨硬膜外ブロック(椎間板が原因となっている場合や神経症状が強い場合)、ハイドロリリース(筋肉、筋膜が原因となっている場合)などの注射を併用し、迅速に痛みを軽減します。

また痛みが慢性的に続いている場合は慢性疼痛に対する鎮痛剤や痛みに対して過敏になっている体質を改善するような内服薬を使用します。

強い炎症がなければ牽引や干渉波などの電気刺激、ウォーターベッドなどでのマッサージなどの物理療法のリハビリをします。
関節や筋肉が硬い状態が強い場合には運動器リハビリテーション(理学療法士・作業療法士による施術)をします。

ページトップ