受付時間
9:0012:00/16:0019:00
※土曜日は9:00-13:00まで
休 診
水曜・土曜午後・日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

体外衝撃波治療について

症例漫画

対象疾患について

対象疾患について

テニス肘、ゴルフ肘、足底筋膜炎、石灰沈着性腱板炎などの筋腱の炎症疾患や、筋肉が硬くなることでおこす痛みを軽減することが期待されます

治療の原理について

治療の原理について

コンプレッサーで発生させた圧縮した空気を開放させてピストンが衝撃体にぶつかることで圧力波を生み出します
これを炎症が起きている部位にあて痛みを軽減する治療です。
圧力波による刺激は痛みを発生している末梢神経をマヒさせて痛みを取り除きます。
そして次第に細胞が再構築を繰り返して治癒を促進するものです。

治療計画について

治療にかかる時間は約5分です
治療の開始時には痛みを感じることがありますが、圧力波を当てているうちにだんだん痛みが軽減し、治療終了時には痛みは軽くなります。
組織が再生するまで1週間程度は治癒部位を休ませる必要があります
痛みが軽くなる効果は3~4日程度続きます。
4~6回ほどの治療で終了します。
保険診療です。消炎鎮痛処置にあたります。

©医療法人幸鷺会

文責森 敦幸

(整形外科専門医・日本スポーツ協会公認ドクター)

ページトップ