受付時間
9:0012:00/16:0019:00
※土曜日は9:00-13:00まで
休 診
水曜・土曜午後・日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

診療案内

足首の捻挫

症例漫画

足関節外側靭帯損傷

足関節外側靭帯損傷

1.症状
足首を強くひねったときに足首を支えている靱帯が断裂したり、部分的に傷ついたりすることがあります。
足関節の外側が強く腫れ、内出血により青あざのような状態になります。
靭帯が断裂している場合でも歩行は可能なことが多く、そのまま放置してしまうことが多々ありますが、靭帯断裂を放置すると足関節が不安定な状態のまま戻らなくなることがあり(足関節不安定症)初期の治療が非常に大切です。

2.原因
多くは足関節を内側に強くひねることで足関節を支えている靱帯が断裂します。
靭帯の断裂まではいかない軽微なものと、靭帯が完全に断裂してしまう重度なものがあります。
足関節外側には前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯の3つの靱帯がありますが、前距腓靭帯の単独断裂や前距腓靭帯と踵腓靭帯の複合断裂が多く見られます。
また以前の捻挫で靭帯が切れてしまったままの状態で捻挫を繰り返している場合があります。この場合、足関節のぐらつきにくらべて症状は軽く済むことが多いです。

3.治療
初期治療:
受傷してすぐはRICE処置をします。(R:rest 安静 局所を動かさないように固定します I: icing 冷却 冷やすことで腫れを防ぎます。冷湿布では冷やす力が足りないため、氷嚢や保冷剤などで冷やすとよいです C:compression 圧迫 包帯などで圧迫し、腫れを防ぎます(過度に締めすぎると血流がわるくなるので注意してください。 E:elevation 挙上:下肢を高くして腫れを防ぎます。)

完全に靭帯が断裂している場合はある程度の安静が必要となります。
当院ではギプスシーネによる固定を症状に応じて1~3週間ほど行います。ギプスシーネによる固定は取り外しができるので入浴が可能ですし、足関節を適度に制限しながら動かすことができるため、足がむくんだり足関節が硬くなりすぎてしまったりするのをある程度防ぐことができます。
しかしあまり長期間固定を続けると足首が硬くなってしまうことがありますので固定は必要最小限にとどめます。

固定によって硬くなってしまったり、固定をしていたのにも関わらず、靭帯がうまく修復されずに緩んだ状態のままになってしまったばあいにはぐらつきをおさえるような筋力トレーニングや硬くなったところをほぐし動きを改善するようなリハビリを行います。

足首の捻挫に対するテーピング方法

①アンダーラップ:
 足首を直角で保持し、シワにならないように巻きます
②アンカー:
 アンダーラップの両端に引っ張らないようにゆるく巻きます。
 下端は巻き始め・終わりが足の甲側になるようにします。
③ホースシュー
 小指側から踵を通り親指側のアンカーまで引っ張りながら貼ります。
④靭帯の補強
 足首をわずかに下へ向けます。
 踵内側のホースシューから外側のくるぶしを通り、
 上端のアンカーまで巻きます。
⑤ホースシュー
 ④のスタート位置を固定するため小指側から親指側のアンカーにむけ
 引っ張りながら貼ります。
⑥靭帯の補強
 足首を直角にします。人差し指・中指あたりから外くるぶしを通り、
 上端のアンカーまで引っ張りながら巻きます。
⑦アンカー
 上端・下端に引っ張らないようにゆるく巻きます。

【©医療法人幸鷺会】

文責  森 敦幸 
(整形外科専門医・日本スポーツ協会公認ドクター)

ページトップ