受付時間
9:0012:00/16:0019:00
※土曜日は9:00-13:00まで
休 診
水曜・土曜午後・日曜・祝日
文字の大きさアイコン文字の大きさ
ご予約・お問い合わせ
058-230-9005

指がひっかかる!? 
ばね指ってどんな病気?ばね指の診断、治療についてのイラスト

症状:指を曲げると伸ばすときに
    引っかかるような感じがします

症状:指を曲げると伸ばすときに<br>    引っかかるような感じがします

ばね指では指を曲げた状態から伸ばすときにひっかかるような(バネ現象)症状や痛みが走る、指の付け根が押さえると痛い、腫れている、触るとしこりのようなものを触れる、指が完全に伸びない、曲がらないなどの症状がでます。
指を曲げる時には腱(けん)という組織が指の骨を引っ張ります。
この腱が動く際に、滑車のような役割をして滑らかにしたり、腱が浮き上がるのを防いたりする、靭帯(じんたい)のトンネルのようなものが腱鞘(けんしょう)です。
何らかの原因でこの腱鞘に炎症が起こり、腫れてトンネルが狭くなったり、腱そのものが腫れて太くなったりして、腱鞘の中をスムーズに通れなくなった状態が腱鞘炎(けんしょうえん)です。
腱鞘炎がひどくなると腱が腱鞘でひっかかりを起こし、指の曲げ伸ばしの際にばねのように跳ね上がるようになります。

何が原因?
-理由はさまざまです

何が原因?<br>-理由はさまざまです

指をよく使う職業やスポーツなどで腱鞘炎が起きやすいです。
ハサミをよく使う職業(理容師、美容師、庭師など)ゴルフ、テニスなどの指に力をスポーツをする人など、指に度重なる負担がかかる場合に多く認められます。
使い過ぎによる炎症以外にも腱鞘炎の発生が女性ホルモンと深く関連しているといわれており、実際の患者さんも女性が多いです。
妊娠出産時期と更年期に症状が強くなることが多いです。

くわしくはこちら
【女性ホルモンと手の疾患について】をご覧ください

このような治療法で症状を緩和します。

このような治療法で症状を緩和します。

局所の安静:指にかかる負担を減らすため、作業を控えたり、運動の量を減らしたりします。
痛みが強い場合にはテーピングなどで指の動きを制限します。
薬物療法:炎症を抑えるような外用剤(湿布や塗り薬)、内服を使用します。
注射療法:超音波で引っかかりの原因となっている腱鞘の場所を確認しながら、腱鞘の中にステロイドという炎症を抑える薬剤を注射します。
炎症を抑える作用は強いものですが、頻回に注射すると腱そのものが劣化する確率が高くなるため、頻回に症状を繰り返す場合は手術を考慮します。

手術療法上記の保存的治療の効果がない場合や、日常生活に大きな支障をきたす場合指が曲がったまま伸びない、伸ばしたまま曲がらないような状態が続く場合には、“腱鞘切開”という腱鞘を切り開いて腱の通り道が狭くなっているところを開放する手術をお勧めすることがあります。

当院ではまずテーピングや注射を中心とした治療で症状の緩和を図ります。
手術が必要と判断した場合は近隣病院の専門医の外来(岐阜赤十字病院、岐阜市民病院など)を紹介いたします。
ご希望の病院があればそちらへ紹介することも可能です。
お気軽にご相談ください。

腱鞘切開ってどんな手術?

腱鞘切開ってどんな手術?

【腱鞘切開術のイメージ】
原因となっている腱鞘の真上を2~3cmほど切開します
腱鞘を切り開き、腱の引っかかりを解除します。

腱鞘切開術についてくわしくは
こちら【腱鞘切開術について】をご覧ください
当院では近隣病院の手の外科専門医をご紹介いたします。

当院は岐阜市西改田にあるクリニックです。
  お気軽にご相談ください。

受診の際はこちら
【当院のご予約、受診方法について】をご覧ください

当院の動画チャンネルはこちら
バーチャル院長活躍中!【もりっくチャンネル】をご覧ください

©医療法人幸鷺会

文責森 敦幸

(整形外科専門医・日本スポーツ協会公認ドクター)

関連カテゴリ

ページトップ